スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
晴天に誘われて
晴天に誘われて散歩。帰り道のコンビニでカフェラテを買ってマシンの前に立とうとした瞬間、奥のレジで並んでいた中年というよりは若い男が滑り込むようにして私の前に割り込んだ。私はその時はまだ鷹揚な気持ちで彼の行動を見ていたのだが、その後、彼が奥にあるキャッシュディススペンサーに向かったのを見て複雑な気持ちになった。彼はこのことで何か得をしたような気持になっているのだろうか、意地悪をして楽しい気持になっているのだろうか。ゆがめられた心根の背景にある彼の人生を想った。

同様なことを”のりこえねっと”の辛淑玉氏にも感じている。私は20年以上も前になるのだろうか”朝まで生テレビ”などに出演し、あの間合いをたっぷりに取る、悲劇的な語り口のファンだったといってもよい。日本人が彼女にした仕打ちを想像して本当に申し訳ない、日本はなんてひどい国なんだと慨嘆していたものだ。

ところがあれから二十数年、のりこえネットで記者会見する彼女を見て驚いた。彼女のあの悲劇表現は全く変わっていない、それどころかまるで使い古された演技だった。彼女はすでに強者ではないか、乗り越えていないのは彼女だと強く思った。

私は最近アメリカ社会に於ける黒人音楽の歴史を研究している。差別に度合いがあるとは思わないが、アメリカにおける黒人の闘いの歴史の中で、一体何人が殺されてきただろうか、それでも黒人はブルース、ジャズ、ファンク、ヒップホップ、ハウス、テクノと、その時代時代を乗り越える、世界を圧倒する新しい音楽を創造し続けてきた。その背景にあるのは彼らの黒人としての誇りだ。

朝鮮民族は、アメリカの黒人たちのように世界を圧倒する文化を創造できるだろうか。今のような恨みの発露、社会に対しての異議申し立てだけでは創造的な解決には繋がらない。闘争が目的化してはいないのか?カントは政治の目的は人格を高めることにあるという。私には素晴らしい朝鮮人の友人も多くいる 、彼らの奮起に期待するとともに、闘争の目的を高次元の、人や社会の在り方として言及すべきではないのか。
スポンサーサイト
【2017/02/15 13:06】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(1)
<<メロポチWEDNESDAY | ホーム | 志葉玲という自称ジャーナリスト>>
コメント
コンビニは世の中の縮図ですね。様々な人間が集まってき、本性が出る希ガス(オーバーな!)。

批判しているだけでは何も始まらない。60~70年代にも意識的な人たちの間でそう言われていた希ガス(笑)。歴史は繰り返す、的な?人生の残り時間が気になるお年頃になると、実感が増しますね。
まぁ私などは、自分が良しとするライフスタイルを黙って行うしかできないし、したくない。あとがどうなろうとわたしゃ知りません!(おいおい)
【2017/02/22 22:45】 URL | 萩原ミズネッティーニ #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://otoshop.blog28.fc2.com/tb.php/836-c1b640be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。