スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
20141230 Pit Inn 浅川マキさんのことを想うライブ
初めてマキさんと会った頃はね、私は若すぎて理解を超えていた。
私も常にそっと「あの頃を想う」一人。

20141230フライヤー
スポンサーサイト
【2014/12/23 18:41】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
20141221新宿Jam
猛吹雪の中深夜、無事金沢へ到着いたしました。沢山のお客さんが来てくれました。主催の「裏窓」@ゴールデン街の名プロデューサー福岡さんありがとうございます。

割礼のみんなもとても優しくて感謝しております。ツイッター他、何人もの方から嬉しいコメントをいただいて、お名前は伏せてご紹介させてください(写真も無断で使わせていただいています、問題がある方はお知らせください、すぐに削除いたします)。

終演後も人間力の濃いい方々が何人も楽屋に来てくださって、まるで2ステージ目に突入したのではないかと思われる素敵な夜の歌となりました。

---------------------------------------------------------------------------

●昨夜の割礼とコクシネルは終演後に「candy says」流れたところまで完璧でした。

●コクシネルは地べたに座って見た。個人的に今このタイミングでコクシネルを見れたことがすごく嬉しかった。静かな音のロックはやっぱり良いなー。割礼とのセッションもあって贅沢過ぎる夜でした。

●久しぶりにコクシネル拝見拝聴させていただく。年長の尊敬する方々に甚だ失礼な言い方で恐縮だが、「面白いことになってきたな~」というのが正直な感想。単なる進化深化では無い、変容という言葉が近いか。内的多様性を持ちつつも表出されるのは吟味されたシンプルなフォルムという有様が実に魅力的。

●コクシネルと割礼のライブ終わりました。コクシネル後半から宍戸さんと山際さんが順番に出てきて、最後は全員での演奏。盛り上がったし、すごく楽しくて、仕事で疲れた気分もすっきり爽快になりました。

●コクシネル+割礼の「一分間」よかったけどすべてをもってく攝さんギターも聴きたかったな。「夜の歌」では山際さんのあのフレーズが久々に聴けて感涙。静香さんのことを歌った新曲が今日も沁みた。

●昨日だけど。

滅多に見られないコクシネルの、理想的対バン。

たま発祥の地とはいえ、滅多に行かないハコだが、前に行った時に椅子があったので開場前に行ったらすでに列。入ってみたら椅子はまったくありませんでした~。途中の段差をキープして待つ。ほぼ満員。

先攻割礼。こーちゃんの髪が短めでかわいい。永遠の25歳ももはや倍に。しかし老けない。 ゆっくり目からスタートして、だんだんアップ。しかし音が分離しすぎで落ち着かない~。リボンの騎士はもはや貫禄の領域。ラストはネイルフラン。

コクシネルは池田さんと攝さんの二人に工藤冬里氏が入ったかたち。攝さんはキーボードも。池田さんの奇妙な味わいのギターリフに攝さんの声が寄り添っていい感じ。工藤さんの音出しはジャズフレーズっぽいので、入るとフツーっぽくなる。(一回転が狙い?)

途中から宍戸くん(最初音でかすぎ。)、そして全員で。夜の唄はそうだ、山ちゃん作曲だ。『くっついて安心』のライナーを見たとき、へぇーと思ったんだった。山ギターはコクシネルに合うわ、やっぱり。

めっちゃ楽しい! 曲のよさが際立つ。攝さんボーカルに集中。かっこえ~。

これ、またやってください。距離やら様々な事情から難しいとは思えど、やたら分厚いコクシネルかっこいいっす。唯一無二のバンド同士の合体。こういうことをやるとヘンテコになるケースもあるが、やはり何かが通底する兄弟バンドなんだと思う。

●昔ルノワールの絵画を見て、これ以上の多幸感はルノワール以降結局誰も産み出していないんじゃないか、そもそも産み出す必要はないんじゃないかと錯覚したが、昨日のコクシネルの演奏もそんな感じでした。

●昨日のコクシネルの演奏を聞いたときの多幸感はまだ続いている。率直に言って素晴らしい王道のポップソングでした。

●12/21のコクシネル×割礼は、コクシネル『少年の木』が、ラストソング。足りないものも余分なものも無いなぁ、とうっとりしてたら、コクシネルと割礼・宍戸氏ギターでの『壁』がはじまり!どうにかなりそうになり。


【2014/12/23 16:41】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(3)
コクシネル12/21新宿Jam with 割礼
外は強風、雪が少ないだけありがたい。いよいよコクシネル12/21新宿Jamが迫ってきた。今回は工藤冬里さんとの3人サイレントコクシネル、どんな演奏になるか楽しみだ。割礼とも久しぶりの共演、セッションも予定しています。
http://jam.rinky.info/info.html
12-21フライヤー
【2014/12/17 23:28】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
12月8日
東京に住んでいた頃、母がジョンレノンが暗殺されたと電話をしてきたことがあった。その日は何の用事があったのか新宿に居て、歌舞伎町あたりでどの店からもビートルズが流れていて不思議に思っていたのだが、帰宅して母からの電話でそのことを知った。母は「どう思う?」と聞くので、「一つの時代が終わったような気持ちだ」と答えた記憶がある。ロックに入れ込む息子にいくら頑張っても末路は暗殺で、いいことは無いから早く全うな仕事に付けと言いたかったんだろうな。

ここ数日「甘えの構造」(土居健郎)を読み直していて「甘えたいのに甘えられない」ということが多くの精神病理につながっているいうところなどはその時の母親の気持ちが痛いほどに解る。母はその後宗教の道に入る。

明日父親が40日あまりの入院から無事退院して家に帰って来る。母親はもう4年前に他界していて、父は89歳。見舞いに行くと私の目をじっとみることが多い。自分の死を意識しながら父はどんな心持で私を見詰めるのかと想像すると胸が詰まるのだ。
【2014/12/08 10:36】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(3)
楽しいライブが決まった
楽しいライブが決まった沼娘もっきりや20150117
【2014/12/06 18:53】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。