スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
鎖国を真剣に考えるべきかも
http://blogs.yahoo.co.jp/sayuri2525maria/32093572.html?fb_action_ids=517411734956369&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582

こういうことがまかり通るコーポラリズム、日本人は仏教徒適団結で1%の化け物と対決していかなくてはいけない。鎖国を真剣に考えるべきかも。
スポンサーサイト
【2013/01/31 16:29】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(1)
Patti Smithは詩の朗読の新しいスタイル、
(その二)Patti Smithは詩の朗読の新しいスタイル、

彼女が詩を作るときは壁に大きな紙を貼って、そこに言葉を書きなぐっていくという、それは深く肉体的な行為であると言う、大物戯曲家(サム・シェパード)から才能を見込まれ脚本を共同制作した時に、言葉に実弾を込めることを知ったという、そして詩の朗読のパフォーマンスが生まれ、それが徐々にロックしていった、歌詞は長いものは100行近くにもなるだろう。

詩の朗読がPatti Smithのパフォーマンスの原点にあり、私はそこに強烈に惹かれたと思う、それはジム・モリソンも同じだし、ボブ・ディラン、ルー・リードにも繋がる。言葉は「音」であり「音楽」なのだ。以下はデビューアルバムHorsesのGloriaの歌詞だが、他の曲も半端なく膨大な言葉のシャワーだ。
http://www.youtube.com/watch?v=xxygqSTO1lQ

Gloria

Jesus died for somebody's sins but not mine
Meltin' in a pot of thieves
Wild card up my sleeve
Thick heart of stone
My sins my own
They belong to me, me

People say 'beware!'
But I don't care
The words are just
Rules and regulations to me, me

I-i walk in a room, you know I look so proud
I'm movin' in this here atmosphere, well, anything's allowed
And I go to this here party and I just get bored
Until I look out the window, see a sweet young thing
Humpin' on the parking meter, leanin' on the parking meter
Oh, she looks so good, oh, she looks so fine
And I got this crazy feeling and then I'm gonna ah-ah make her mine
Ooh I'll put my spell on her

Here she comes
Walkin' down the street
Here she comes
Comin' through my door
Here she comes
Crawlin' up my stair
Here she comes
Waltzin' through the hall
In a pretty red dress
And oh, she looks so good, oh, she looks so fine
And I got this crazy feeling that I'm gonna ah-ah make her mine

And then I hear this knockin' on my door
Hear this knockin' on my door
And I look up into the big tower clock
And say, 'oh my God here's midnight!'
And my baby is walkin' through the door
Leanin' on my couch she whispers to me and I take the big plunge
And oh, she was so good and oh, she was so fine
And I'm gonna tell the world that I just ah-ah made her mine

And I said darling, tell me your name, she told me her name
She whispered to me, she told me her name
And her name is, and her name is, and her name is, and her name is g-l-o-r-i-a
G-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria
G-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria

I was at the stadium
There were twenty thousand girls called their names out to me
Marie and ruth but to tell you the truth
I didn't hear them I didn't see
I let my eyes rise to the big tower clock
And I heard those bells chimin' in my heart
Going ding dong ding dong ding dong ding dong.
Ding dong ding dong ding dong ding dong
Counting the time, then you came to my room
And you whispered to me and we took the big plunge
And oh. you were so good, oh, you were so fine
And I gotta tell the world that I make her mine make her mine
Make her mine make her mine make her mine make her mine

G-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria,
G-l-o-r-i-a gloria

And the tower bells chime, 'ding dong' they chime
They're singing, 'jesus died for somebody's sins but not mine.'

Gloria g-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a,
Gloria g-l-o-r-i-a, g-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria
G-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria,
G-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria,
G-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria g-l-o-r-i-a gloria .
【2013/01/30 20:32】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
今回は時間軸を無視して印象深いことを、
(その一)Patti Smithがステージ上で堂々と床に唾を吐くという行為、

なにしろPattiが床に斜めに唾を吐くことが、息を飲むほど美しいのである。言って良ければ彼女のエレガントな芸に昇華している。こういう感動を与えてくれるアーティストはいないのだ、66歳のPatti Smithがステージで客の前で堂々と唾を吐く、私はそこでまたどっと涙が溢れてきたのだった。
【2013/01/29 14:38】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
PattiSmithinKana
Signe
さて昨日のことを時間軸に沿って思い出してみよう。私は片町の通りに文房具屋さんがないことに気付いた。コンビにでは先が角芯で白の大きなペンがないことに気付き、大和の紀伊国屋まで走った。ペンはサインをもらうため、開場時間まで30分。ツアーに同行しているIshigeさんと入り口で待ち合わせしているのだ。

60過ぎたおじさんをこれだけ走らせる人はパティー・スミス、セツと私のロックレ・ジェンド、音楽だけではない、アートを感じさせてくれた詩人であり芸術家であり、表現をロックンロールした女性。すべてが新しかった。しいて言えばジムモリソン、ジミーヘンドリックス、ボブディラント同格であろうか。そんな彼女が金沢に来る!!

ツアーに舎弟として(笑)同行し全国を回るIshigeさんとはネットではかなりの密度でお会いしているのだが、直接お会いするのは初めて、だがお会いした瞬間、Pattiが信頼を寄せる数少ない日本人であることはすぐ解った。リハが長引いて、今は直接サインは無理だったのでパティー・スミス・コンプリートブックとアルバムのHorsesを預ける。そして開演までの時間いろんなことを話すことが出来た。(終演後にサインいただきました、ありがとうございます)

私達はステージに向かって左端の2列目あたりに場所を確保して開演を待った。スピーカーのまん前であることに少しびびっていたが、私は予防用に耳栓をいつも携帯している。そしてメンバー登場、通路までオールスタンディングの観客は絶叫と拍手で迎える。あ、パティーだ、レニーケイだ、そして一曲目が始まる、私はイントロの音ですぐに「KIMBERLY」と叫んだl彼女のデビューアルバムHorsesの中の佳曲、妹の誕生を詩にしている。実は私は一番好きな曲は?と尋ねられたらこの曲と答えようと思っていた曲、そう何かが繋がっているように思え最初から大泣きが始まってしまった。しかも音はまるで生音のように繊細で暖かい!!

そして2曲目はなんと前日にセツに、ほらトム・ヴァーラインがギター弾いているいい曲があるよと一緒に聞いていたApril foolではないか。http://www.youtube.com/watch?v=QMuxr2M292w
こんなことがあるから私はアーティストでい続けられる。もう泣きっぱなしの状態に陥ってしまった。もう涙を拭うのが面倒だ。

それにしてもPattiの笑顔はどうだろう、グレート・マザーだ、聞けば66歳という。終演後画家の軽部めぐみから私に向かって(池田は)まだまだだねえ、とからかわれたが、その通りだ。私は最近になってようやく天命を知った、彼女は20代ですでに天命が下った、そしてその使命を遂げ続けている。格の違いには目を瞑っていただいて、私もやるさ、こうなったら死ぬまでアーティストでいてやる、そんな私を励ましてくれるグレートマザーが目の前にいる(疲れたので続きは後日)。

写真は私めにいただいたサイン!!!
【2013/01/28 20:44】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
27日金沢へ!やってきます、どきどき
http://www.youtube.com/watch?v=e9RIRPRF6Hs
17:00開場、18:00開演。オールスタンディングだからまだチケットあるんじゃないかな?
問合先:オレンジ・ヴォイス・ファクトリー 076-411-6121当日\7500
【2013/01/25 15:59】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
最近いい映画に良く当たる
今日はWOWOW
http://www.eiganokuni.com/sylvia/index2.html
カメラワークだけで惹きつけられる、実写でこれだけ緻密なアイデアを出せることに脱帽です。音の使い方も絶妙!監督・脚本ホセ・ルイス・ゲリン
【2013/01/25 15:58】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
たまにはBeatles、
http://www.youtube.com/watch?v=QwCGedoCAbg
【2013/01/21 20:16】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
国家と政府とは違う
国家観というのは自分が創るものだと思う、さあ、日本とはどんな国ですか?と外国人に聞かれたらどう答えるのだろう。もちろん、その時のお国との関係性もあろうが、やはり平安文化にコメントしたいとか、勉強したいことがいろいろあってまだうまく表現できない。しかし、世界史的に見ても歴史・文化のある国に間違いない。

国家と政府とは違う。政府はリアルだ、知人は日本が天皇に略奪された国で、国家そのものを否定するという。

私はこの世界が無政府状態になれば「愛」ではなくて、ケンカの強いものが最後に勝ち、そしてその人はまた誰かに裏切られて........、とまた同じようなこの世になるだろう。それまで私は妻子を暴力からどう守ろうかとそれこそ暗澹たる気持ちになるだろう。サバイバルに長けた人間に擦り寄るしかないだろうなあ。ピース(平和)の語源はパック(平定)だそうだ。

私は安倍政権に大いに期待している。いや、しかし民主党政権誕生時には大いに期待した、鳩山が最低でも県外と言ったときは拍手を送りたくなった(笑)。私は最初に選挙権を行使した時は共産党に投票した。そのくらい私も、一般の選挙民もいい加減である。応援してだめならしょうがないが、邪魔はしないほうがフェアだと思うのだが。
【2013/01/14 16:19】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
暗澹たる年頭はイタリア映画"Life is beautiful"に救われた
食事をしながらなにげなくBSの映画を見ていたら、目を離せなくなり、最後は思わず泣いてしまった。こんな偶然があるから人生は美しい。ロベルト・ベニーニは凄い!フェリーニのベテランスタッフ連が参加している。

http://www.asmik-ace.com/LifeIsBeautiful/
【2013/01/13 21:17】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
暗澹たる年頭
この数日体調が思わしくない、というか咳で体が疲れきった。このような時は読書に限る。昔のように何か一冊に集中することがなくなって、ビデオと同じで大概は5冊くらいを並行して読む。今回はその中に中沢新一「改稿・虹の階段」。これは購入する気はなかったのだが、図書館で検索すると「IF受付まで問い合わせ」とあって、ははあ~、公安のチェックがあるのだなと(もしかしたら深読みかもしれないが)面倒くさいので購入してしまった。

最近PCの調子に信用無く、思い切ってハードディスクレコーダーを購入しようと思っている。持ち運びが楽だし、8CH同時録音出来るものであれば、ライブをどんどん録音も出来る。音のオブジェというようなものを作りたい。心を打つようなものを作ろうなんて思いもしない、そんなことを考えて心を打つものができるわけない。私はあっと驚くようなものを作りたいだけだ。

今日は末娘の成人式で家人はばたばたとしているが、私はさして感慨も無くギターを弾き始めた。体調が思わしくないときは長時間は無理なので、ここ数日は言い訳程度のトレーニング。課題山積。今日あたりから徐々に時間を増やそう。何をトレーニングするのかが才能なのだと思う。もうすべて天命に従う。思いつき礼賛!疑うことをやめよだ。思い付きがリアルタイムで体を動かすのが理想だと思われる。

読書の残りは西部邁、苫米地英人、中野剛志、これまでは政治に対して汚いものを見るようなスタンスでしかなかったのだが、やはりこの歳になるとリアルに世界が見えてくる。地球のアメリカ支配をよしとする保守派(特に左翼と呼ばれる人達、自民党にも、どんな党にもいる)連中には吐き気がする。私は日本は核武装すべきだと思っている。世界唯一の被爆国なのだから、正当な理由をもつ唯一の国家だ、もう被爆はごめんだ。被爆で言えば、全世界の叡智を集めて福島を鎮守してほしい、声高にスローガンを叫ぶ原発ゼロなど絵空事に過ぎぬ、実現までのプロセスを誰が考え、実行するのか、放射性廃棄物はどうするのか。暗澹たる年頭。
【2013/01/12 15:07】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
TPPがどれだけ怖いものか、時間が取れる人は勉強してください。
http://www.youtube.com/watch?v=7At7Vidd1k8
【2013/01/04 22:26】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
初夢
学芸会レベルの表現を有難がる人たちがいる。観念を語れば表現が拙くとも許されるという思い上がりが悪臭を放っている、私もそうだった、これは主に志の低さに起因しているが、美的体験の貧しさもあるだろう。

また、今日の世界(特にアメリカや他の戦勝国)は日本という国をくじくために今だに様々ことをやっているという現状認識を共有出来ない日本人達がいて、私は実は彼らが体制側であると気付いた、現状の世界レジーム壊したくない勢力だ。

話は飛ぶが、放射性廃棄物をどうするかという問題を、ノーベル賞を平和賞から物理賞からもう何個でもあげます!くらいの褒賞を出して、解決に向かって進めなくてはいけない。私のイメージは地層処分をさらに掘り進めたところに投下しメルトダウンを起こさせ、地球の中心、マントルまで落とすというもの、名付けて「ディープ・メルトダウン」、マグマ大使にお願いだ。これSF映画になりそうだなあ、これが私の初夢(笑)

話はもどるが、その学芸会的な表現を本物(ミュージシャン世界ではこれをモノホンと云う
)、の表現にするためには、一人ひとりが何がしらかのプロ、つまり社会に必要とされ、影響を及ぼせる人間になるしかない。そこから見える世界は今の視点からとは違うだろう、私はそこからが本当の闘いだと思っている。しかし、実は彼らは体制側なので、そんなことは絶対にしないのだ、これを偽者という。
【2013/01/03 15:14】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。