スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ぷかぷかLive~今日
一昨日はライブ疲れからか、ギターに触っても意欲がなく、はたと思いついてギターの弦を交換した。いまマカフェリタイプのギターに張ってあるのはサバレス・アルゼンチーノという、このタイプのギターには定番のもので、金沢には置いてある楽器店はなく、某店から箱買いしたものだが、この弦はなかなか切れない(笑)。私の性格もこのくらい切れないと良いのだが、ずっと使っていると低音弦に顕著なのだが、ジャキッという歯切れの良い音から、段々とポン、ポンという鄙びた音に変わっていく。貧乏性なので一本でも切れないと長々と使い続けてしまうのだが、やる気を起こすためにと交換した。

うむ、やはり違う、音楽はやはり倍音を感じて快感をもたらすものなのだ。本当にうっとりとした時間が蘇る。それで少し弾きすぎたのか、昨日の大学の講義を終えて、疲れたので家でビールを軽く飲んだら、持病の喘息も蘇って、ひどいことになり、薬局へ咳止めを買いに走った。店員にお大事にと云われるほどひどく、こんなときは眠るしかないと風邪薬も併用して、12時間も眠りなんとか治まった。いつも行く医者ではアレルギー源はわからないらしく、一度大きな病院で検査することにしよう。

日曜日の「ぷかぷかLive」は終演後に何人かのお客様から過大な評価をいただいた、ありがとうございます。私のギタースタイルの特徴は、常に自由に弾くということと、リズムをパターンで引っ張っていくのではなく、独立した台詞のような捉え方で、メンバーの音に合わせるのではなく、全体の流れのリズム(間合いといった方が近いかな)を重視していること、つまり弾いていなくてもリズムが流れていることを基本としている。時々音をはずしたりするので、まだまだなのだが、ようやく自分の新しいスタイルを見つけたのかなと思う。

最近は楽理を改めて勉強していて、それこそなんとかの手習いだが(笑)その過程で新曲を作っていけたらいいなと思っている。新しい領域にチャレンジしていくのは、めんたんぴんの頃から一貫している。伝統芸能に堕したロックなんぞやる気はないよ、本当に。
スポンサーサイト
【2012/11/29 11:19】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(4)
今日は初の”ぷかぷかLive”に出演
昨日は妖怪バンドの久しぶりのスタジオ@芸術村、楽しかった。何が楽しいかと云えば”自由”、私のテーマだ。私はギターを持つと自由に近づける。すべてのルールは自分たちで決める、現実とは違う異空間が表現される。

<ぷかぷかLive情報>
● 11月25日(日)DIRTY DADDYS BOOGIE / 妖怪バンド Live
開場/19:00 開演/19:30
チャージ/1500円(1D・駄菓子付)
【2012/11/25 12:33】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(2)
最近は暇が無い
ロシアへ行って24時間アーティスト生活の重要性を強く感じ、多くの時間を使うメインだった仕事を止めた効果がようやく現れててきた。何がどう変わって来たかと云えば自己の重心だ。自分の最大の関心事である表現の世界からブレる時間が無くなった。唯一続けている2つの大学でのデジタル・サウンドとメディア・アートの講義もその世界観で行う。

昨日はMAの合評だが(映画の情宣用トレーラーのサウンドを学生作品に置き換える作業)、ライブステージと同じアプローチなので、教室その場で(学生とともに)聞くという、しつらえが必要となる。まず、もっともらしい芸術論を自己の経験をもとに20分くらい語る。私の話術ではこのくらいが限度で、しかし、リアルな事象を扱うので、みんな聞いてくれるし、机に突っ伏している学生には、その話をその場へ行って直接することにしている。眠たい学生には気の毒だが、全員で集中して作品を体験する場はこのくらいにしないと作れない。

引っ張りに引っ張って、ようやく大きな音で作品が流れる。教室内の空気は一変する。本当にいいものを作った学生にはその場で成績Aを与え、出席率を超えたものがあるということを実証してみせる。この作品が作れるようであれば、お前はAである。それがその場の基準となる。ある女子は流れは理解しているのに、ずっと同じドラムのパターンを使っているので、「君は何かに縋(すが)って生きているにに違いない、そのようなものは無いというところから作り直しなさい」などと勝手な解釈を押し付けると、学生達は自分の作品によって自分が精神分析されることを知り、多少動揺を見せる、こうなってしまえばその場の良い流れは自然に出来てくる。
【2012/11/22 11:30】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(2)
スミス都へ行く
「スミス都へ行く」最高!!
http://www.geocities.jp/h2o_classic/mr-smith.html
【2012/11/12 00:17】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
今日は演劇祭楽日@アンゲルス
今日は演劇祭楽日@アンゲルスhttp://www.theater-angelus.com/、打ち上げで妖怪バンドで演奏します。演劇も見れて演奏もおまけについているから皆さんお時間があればぜひ!

最近見て圧倒されたのはアルフレッド・ヒッチコック「眩暈」、これで終わりかなというところからまさかのちゃぶ台返し。怖いメークや生き物が出てくるのではなく、心理劇として心底怖いのだ、さすがだなあ、こんな脚本書いてみたい。

もうひとつ北欧神話のウーリー・エデル「ニーベルングの指環、」、この監督は歴史物が得意なのかな、ヨーロッパがキリスト教に制圧される前、まだ北欧の森に神々が生きていた時代の物語が好きだ、世界の元凶はやはりキリスト教なのか。
【2012/11/08 10:59】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(1)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。