スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
帰ってまいりました
忍野デッドはスタッフ、観客とも暖かく受け入れていただき感謝です。身内が言うのも変だけど、忠平かっこよかったです。皆さん、特にタニヤンありがとう。そしてご苦労さまでした。

私はステージ翌日、島根さんに会いに川崎へ向かいました。思い立って朝早く(午前8時くらいかな)出発、徒歩でバス停まで行くと、な何と10時20分まで新富士駅行きのバスが無い。

でもなんだか、ボーっと待ってるのも旅かな、なんて雰囲気で昨日の演奏を思い出したり、これから会う島根さんのことを考えていたりしていたら、あっという間に時間が経ちました。そしてバスに乗ると「あ、もしかしたら」なんていう乗客の声が聞こえたのだが、なぜか一人で前の方へ坐って黙ってました。挨拶くらいすれば良かったと後悔してます。すみません。

帝京大学付属病院はなんかごちゃごちゃとしていて好きになれませんでした、そう思うと金沢の病院って、どこもキレイだなあ。個人的には金沢医療センターが好きで、突発性難聴で30日ほど入院していたことがあったが、本当に快適だった。

島根さんは思ったより元気で、メールでリクェストのあったハーゲンダッツのアイスを二人で食べて、出会った頃の話や、金沢に別荘を買う予定だというほどの金沢に対する思い入れなんかを話した。

私は生還率なんていうのは平均値だから死ぬまでアーティストとして作品を作り続けて欲しいなあ、かえって寿命は延びるのでは?なんて遠慮の無い話をしている。島根さんも「そのつもりだ」と力強く答えてくれた。

それにしても、お金持ちなんだからもっと快適な病院に移らないの?とけしかけたのだが、あまり反応がなかったなあ、きっとそこまで気が回らないのかもしれない、そして話すのもしんどいのだろうなと思ったが一時間以上語り合った。

病院を出てから、お祭りをやっている商店街を抜けて駅へ向かう。もの凄い人間のエネルギーだ。屋台もたくさん出ていて火を使っているものだから、じりじりと熱い、それまで島根さんと「死」について病院の中で話していたものだから、このギャップは何なんだ!人はみな死ぬために必死で生きているという矛盾。

長男が東京駅まで会いに来てくれるというので、出発時刻まで駅の中華レストランで食事する。最近はハイボールが流行っているというのでシーバースのハイボール、\550はリーズナブルな気がした。つまみにとった品も旨かった。長男が「料理をしてくれる人が欲しくなってきた」なんて言うものだから、「解るけど、早まるな(笑)」というしかなかった。

新幹線は最終だったので、結構混んでいた。左隣はこざっぱりとした中年女性、右隣は180cm以上はある長身の男。出発早々、トラブル発生。その男が手すりを越えて私のスペースに侵入してくるのだ。座席はお互いの体を手すりの内径になんとか納めるようにするのがエチケットなのに、その男は内径に収めた私の腕にペタッと肌をくっつけて平気なのだ、それとなくサインを出すのに、まったく気付かない。

私はとうとう切れてしまった。「ちょっと話があるのだが、なんで手すりをはみ出して、肌をぴったりくっつけて平気なんだ、そういう趣味でもあるのか、こんなことセックスをするとき以外しないだろう」。その男には連れが3人前の席にいることは知っていたが、そいつらが「何だこのやろう!」みたいになってきて、

その時左隣に坐っていた女性が「私と席を変わりましょう!」と気丈にも身を乗り出してきた。「このままでは居心地悪いでしょう!」私に意義は無かった。そしてなんとか治めてもらった格好だ。

それから越後湯沢までその女性と話した、俺は知らぬうちにイライラしていたのだろうか、忍野デッドから今までの出来事をとめどなく全部話していた。彼女は昔バスガイドをしていたそうで、その手のトラブルにも慣れていたのかもしれない、「本当にありがとう」と握手して別れた。

そして今日、レコードジャングルで島根さんと約束していた浅川マキの新しいDVD「東京アンダーグラウンド・淺川マキがいた頃」を購入・発送、私の一連の旅は一区切りついた。また新しい人生が始まる。

スポンサーサイト
【2010/07/27 22:14】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
悲喜交々
さて、明日はいよいよ忍野デッドへ向けて出発です。暑さ対策も含めて準備は「整いました」。

ただ、昨日コクシネルのメンバーである島根孝典さんの友人の方から電話があり、またその直後、本人からも電話があり、ただ今入院中と知ってショックを受けています。

これを読んだマイミクの方も、いきなり島根さんの携帯へ電話をするのは避けてください。まずはメールにしてください。どんな病気で入院しているのかは、忍野デッドが終わってから会いに行きますので、その時に公開してもいいのか本人に確かめてきます。

【2010/07/22 14:51】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
うん、やはり...
夜10時30分くらいに、家へ帰って私はすぐに体重計に乗った。うん、やはり...体重はきっちり2K落ちていた。昨日はこれに尽きる。体力だけではなく、課題は解った。それを乗り越える方法も。

そんな疲れきった昨夜も寝入るまで読んだ川上未映子にはまっている。このような才能に対して私は何を語れるのか(笑)たいしたものだ。


【2010/07/18 15:41】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
雷に邪魔されて練習できない
読み物の中で最も面白いのは自分の日記とスケジュール表だ。断片的な走り書きのようなものにも多くの情報が含まれている。著名作家の作品にはその頭脳の明晰さと能力、努力に舌をまくが、しょせん、他人の作品だなんてね、あ、雷が遠ざかっている。まあ、比較する次元が違うか、明日は晴れてくれよ~!!!小松サマージャム19:00-20:00めんたんぴんBB。

【2010/07/16 23:02】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
あわただしい日々
一日のサイクルが変わり、超朝型生活だ。最低6時に起きて晴れればウオーキング、早い朝食。余裕の午前中。すべて引越ししてからの生活パターンだ。お父様は夜は7時になるとご就寝!なので、それからは音楽三昧というところだが、引越し作業&片付けは今も続いている。8月末までブラックブルーを押さえておいて良かった。

10日は「夕焼け」での勘太郎、白井さん、三宅さんとのライブ。良かった~。書きたいことはたくさんあるのだが今は抑えておこう。秘密(笑)

13日には「めんたんぴんBB」の17日小松サマージャム出演のためのリハーサルがあったのだが、10日のライブの影響がもろに出ていて、これまでにない充実感があった。本当に関わった方々には感謝している。17日の出演は19;00~20:00です(小松駅前)。そして24日はいよいよ「忍野デッド」ですよ。

いろんな音楽があるのだが、私のやりたいのは今の自分の体にいい音楽だと思う。体にいい音楽は心にも良いのだ。そしてバンドはいいよ!バンドとしての一体感は瞬時に客席へ拡がっていく。ここへくると全体主義万歳か(笑)

私の求めているものは全知全能で(目一杯で)生きているというリアルタイム感覚をその場の人々と共有することなのだ。考えることではない。考えるとリアルタイムには遅れてしまって一人になってしまう。考えるのは一人の時でいい。
【2010/07/15 02:13】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
ネット復帰です
引越しでしばらくネット不通状態だったが、無事復活。いやあ、引越しというのはパワーがいるものですね、と実感。なにせ25年間だ、多くの人達との出会い、3人の子育て、そうか、子供達にとっての故郷はブラックブルーなのだ。

そしてお知らせですが、ラストライブはブラックブルーでの開催は難しくなって(コクシネルとしての出演も残念ながら難しい)、場所を変えて行うことにしようと思ってます。現在リンジュウに御願いして捜してもらってます。またご報告いたします。

【2010/07/08 18:03】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。