スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
本日定例ライブ、よろしく!
「出演者ご紹介」


青木憲一 
は異能のミュージシャンで、毎回やることが変わります、今回も珍しい楽器を弾いてくれるそうです。(前回は6本弦の古楽器チェロ)彼はクラシックの音楽背景がかっことしてありながら、それをまるで意図的に隠すようなステージをやります。金沢舞踏館の音楽をもう20年も担当しています。


ウェス・カニンガム 
はおそらく金沢では最も上手にアコースティック・ギターを奏でる人です。歌もめちゃくちゃ上手い!初めて観た方はきっと驚かれると思います。しかもフォークではなく、どっちかというとU2などのロックをやりたい人なので、ロック好きな人には強烈にアピールするでしょう。


コクシネル
は1980年頃に結成したバンドで、名前ばかりが先行していますが、2人だけでステージをやれるようになったのは実は最近です。

ホームページ http://www.geocities.jp/ikedarick/ ミクシーのコミュニティー http://mixi.jp/view_community.pl?id=25823

15年ほどの長いブランクを経て3年前にイースタンユースからの招聘を得、いきなりフジテレビやクアトロでの再デビューになったのですが、
攝、池田を最高のミュージシャンがサポートしてくれるというステージ構成から一念発起、2人だけでステージをやれるようにしたいと思うようになったのです。
スポンサーサイト
【2008/11/29 08:19】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
文法インパクト
この数日、興味は短歌に移っている。俳句や短歌は、あの短い字数の中で心の深い世界を見事に描き出している。小説も面白いが読むのに時間がかかり過ぎる(笑)

昔、運動会などで体育会系の怖い先生に「おい、そこの白いシャツ!」などと怒鳴られて妙にドキドキしたことがある。体言止(たいげんどめ)と言うそうだが、子供心に「文法インパクト」を感じたのだろうか。名詞のイメージを広げるときは体言止だ(笑)

最近心に残った名詞と言えば「主客未分」。何かを観た瞬間の状態で、「これはケーキだ」とか意識する前の瞬間のことらしい。そして、その主観も客観も未分の「場所」があると言う。

ひと頃、「日本人は主語が曖昧だ」と欧米人から批判されたことがあったが、これは今思えば大きなお世話だった。幼子が空腹を覚え「まんま」と言う時「私は」などと考えているはずがない。「食べたい」という述語の中に主語が含まれている。主観と客観を分けてはいない。自分と外を分ける考え方が西洋文明の限界のような気がする。食べたいのは私だけでないのだから。
【2008/11/25 11:48】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
改めてコクシネルとは、定例ライブ
コクシネルとは私(池田洋一郎)と攝(野方攝)の基本ユニットにその時々でサポートメンバーが加わるバンドで、年に数回の、関西、関東でのライブ以外に、地元金沢では毎月最終土曜日にブラックブルーでゲストをむかえ、定例でライブを続けています。ゲストによっては非常にモダンだったりアメリカ南部のパブのようなことになったりします。

今回11月29日(土)は青木憲一、ウェス・カニンガム、コクシネルの3グループというメニューとなります。非常にシンプルで力強いメニューです。(19:00開場、20::00開演~23:00終演 入場料金1500円(1ドリンク付))

            「出演者ご紹介」


青木憲一さんは異能のミュージシャンで、毎回やることが変わります、今回も珍しい楽器を弾いてくれるそうです。(前回は6本弦の古楽器チェロ)彼はクラシックの音楽背景がかっことしてありながら、それをまるで意図的に隠すようなステージをやります。金沢舞踏館の音楽をもう20年も担当しています。


ウェス・カニンガムはおそらく金沢では最も上手にアコースティック・ギターを奏でる人です。歌もめちゃくちゃ上手い!初めて観た方はきっと驚かれると思います。しかもフォークではなく、どっちかというとU2などのロックをやりたい人なので、ロック好きな人には強烈にアピールするでしょう。


コクシネルは1980年頃に結成したバンドで、名前ばかりが先行していますが、2人だけでステージをやれるようになったのは実は最近です。

ホームページ http://www.geocities.jp/ikedarick/ ミクシーノコミュニティー http://mixi.jp/view_community.pl?id=25823

15年ほどの長いブランクを経て3年前にイースタンユースからの招聘を得、いきなりフジテレビやクアトロでの再デビューになったのですが、攝、池田を最高のミュージシャンがサポートしてくれるというステージ構成から一念発起、(こんな使い方でいいのかな?)2人だけでステージをやれるようにしたいと思うようになったのです。


私達の場合、非常に明確な好みの音楽スタイルがあって、そのエッセンスを皆様に本当にご紹介したいと思うようなところがあります。(それは例えばベルベットアンダーグラウンドであり、ニルバーナであり、パティースミスであり最近ではビョークです)

しかし、それらをコピーしてやるようなことはつまらないので、そのようなエッセンスをオリジナルに昇華し、新しい日本語のロックスタイルを創りたいのです。それゆえに試行錯誤を見せてしまうという、ショーアップには程遠いステージをやってしまう場合もあり、賛否が分かれたところですが、

最近になってようやく、イメージとテクニックが接近して、ショーアップできるようになってきたと思っています。新曲も生まれ始め、ツアーの話も来ています。冬は新作CDの制作に入って、春から始動!その経過を定例ライブで発表していきたいと思っています。応援してください。

                     池田洋一郎
【2008/11/20 22:59】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
12月30日(火)高円寺ショーボート

こんなメンバーでやれるのはとても楽しみ!来年はライブの数が増えそうです。
【2008/11/20 11:36】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
勉学の秋
どうしても必要なのでイラストレーターを勉強中。バージョンは10.03だけど(笑)、平行して西田幾多郎を読む。しかし解説書を何度も読んでも「絶対矛盾的自己同一」が理解できない。俺のレベルはこんなものだろう。

空いた時間はドストエフスキー、今は「悪霊」を読んでいるが、その前は「賭博者」、賭博者はドストエフスキー自身が借金した悪徳金貸しに、期限を切られて著作の全部の権利を取られるかの瀬戸際で短期間に口述で仕上げた作品だ。その口述を書き取った若い女と結婚したくらいだから、よほど大変だったに違いない(笑)


図解雑学「音のしくみ」、弦を弾く位置で倍音の発生に差異が出ると知って思わずピッキングーの位置を確認、長いことやっているのに知らないことだらけだ。ピアノには対位法の教則が置いてある。超初心者向けなのに単純に感動する俺(笑)ソナー、リアクターもマニュアルで学び直し。

大学で講義を受け持っているメディアアート、今年の学生達は女の子も男の子も非常にレベルが高く意欲もある。久しぶりに私も燃えている。メインで使用するプレミアを使い倒すべく、これもマニュアル全踏破を目指している。

今の愛聴はニルバーナ、リアルタイムで知らなかったことが恥ずかしいが、はまってしまった。カートコベインみたいにシャウトしたくなった。いや、車の中ではしている(はっはっは)旬な食べ物、適度の運動、適度な欠乏、まさに勉学の秋。

【2008/11/18 03:19】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
ロマネスク
昨日、今日と仕事で長時間ドライブ。たまたまた通った山沿いの道は秋色づいてとても綺麗だ。なんかうっとりとしてきて運転が危なっかしいことも。単に葉っぱの色が変化する毎年の事なのに、なぜこんなに心を揺さぶるのか。動物には何色に見えているのか解らないが、人間にとってこの色はたまらない。この一週間ほどなんとスタンダールの赤と黒を読んでいることも影響してか心は古典モード(笑)たまにはロマネスクもいいもんだ。

しかし、世の中は急速に動いている。明日はアメリカの大統領が決まる。しかし、オバマになればかなり高い確率で暗殺されるという。アメリカはつくづく野蛮な国だと思う。普通原爆は落とさないだろう。でも日本もドイツも研究はしていたようだ。ケネディーしかり、リンカーンしかり、それに前回も暗殺はされなかったが、何かおかしかったぞあの選挙は、ゴアになっていれば、少しは世界はまともだったのではないか、あのブッシュを選ぶアメリカの正体を恐ろしく思う。
【2008/11/04 16:29】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
人中が薬
「若者にとって、世間の人と交わることが何よりの修養」の意「知らない日本語 教養が試される341語」だが、若者だけではない(笑)

逆に歳を重ねると自家製のフィルターがかかってしまって、新たな出会いを妨げているようだ。昨年あたりから素晴らしい出会いがあいついで、くらくらとしている。まるで自分の中身が変わっていくようだ。
【2008/11/02 11:46】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。