スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
私は客観的に自分が.....
Funkito@21世紀美術館の興奮も冷めやらぬ昨日、後期の講義が始まった。普段よりも自分の声に集中している。ひとつのパラグラフを終わるときの念押し、その余韻をたっぷり取れる時は調子がいい、リズムに乗っている時だ。

そして、その余韻が学生の時間。けっ!つまらねえこと言いやがる、とか、そうそう、私がいつも感じていることだ、とか。まるで音楽の演奏だ。学生が無言で何か言っていることに耳を傾けなければいけないのに、その間合いに照れているる自分がいた。

今日の読書

「音楽」小澤征爾・武満徹

二人とも若い!話していることが古くなってない。自分がどのくらい音楽を愛しているのかが問われる。

-------------------------突然ですが----------------------------

最近句読点について疑問があった。普通ひとつのパラグラフ( [paragraph] 文章の一区切り。段落。節。)が完結すると、私は必ず「。」を打っていたのだが、「、」でも間違いではないと高校の国語の先生に確かめることができた。自分流の使い方の例として以下を挙げるが、詳しい人がいれば補足して下さい。

----------------------------------------------------------------

この本を買ったのはいつの頃だったか、まだ元号が昭和だった頃ではなかったか、覚えているところもあるが、始めて読んだようなところもある。

年齢を重ねると、以前は見えてこなかったところが見えてくるようになる、といったことは確かにある。
スポンサーサイト
【2008/09/30 11:29】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
Funkito@21世紀美術館ライブ
最近、日記を書く気持ちが続かなくて、2,3行書いては没にしていたが、今日は「Funkito@21世紀美術館ライブ」で元気が出ました。詳細はマイミクのヂョーさんの日記に譲るとして、本当に気持ち良いライブでした。

プロデュースのJo-Houseの松田さんの力も凄い!この集客地獄の金沢で満員どころか補助席出しまくってました。そしてそれに見事に答えたミュージシャン達、メンバーはほぼ全員バークリー卒業生でそのレベルが解ろうというもの。

久しぶりに素晴らしいイベントに立ち会えました。関係者の方々本当にご苦労様でした。
【2008/09/29 17:10】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
散居村
あるイベントで何気なくシンセを弾いた。例えて言えばウインドウズの起動音のような短い2つの和音、3連符でメリーゴーラウンドで使われるような。すると主催者が駆け寄ってきた。みんな泣いている。素晴らしい!この曲をぜひとも売って欲しいという。

偶然弾いたものなので再現できるか全く自信がない。いろいろ試すがどこか違う。そんな夢で目が覚めた。こんなアプローチもあるのか。最近和声のトレーニングを始めていたのでこんな夢を見たのだろうか。

先日ネットワークの仕事で富山のほうへ行った。再発見したのは金沢大学を通って富山県の福光へ抜ける県道27号線。今工事中の区間が10月には完成すると実に素晴らしい道なのだ。

約束のお宅に近づいたが農村地帯なのでよく解らない。電話をするとおばあさんが出た。お地蔵様があって、そこから3軒目だという。確かにお地蔵さまはあったが、そこには家が1軒しかない。もう一度電話をするがやはり3軒目だという。目印のお地蔵様が違っているのか?

もう一度確認の電話をするとおばあさんが迎えに出てくれるという。しばらくするとお地蔵さまがある交差点のはるか向こうからおばあさんが自転車でこちらへ向かってくるのが見える。

おばあさんが指差す、ここが1軒目、あれが2軒目、そして家は3軒目......はるか向こうにある家。そうか!これが散居村というやつか。そのスケールの大きさに感心した。

それにこのおばあさんが素晴らしいのだ。あの笑顔、まるでマリアテレザのようではないか。作業を終えて帰る時、家の玄関で腿に頭をつけてほとんどえびのようになって僕を送ってくれている、見えなくなるまで。礼をもって人に対するということと卑屈ということの次元の違いを体をもって示してくれた。おばあさんありがとう、おれはまだ修行が足りぬ。


【2008/09/11 09:23】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
10月11日(土)は21世紀美術館、10月12日は天国注射(日)編集する
2日間とも出演予定だったコクシネル@天国注射だが、11日(土)は金沢でのライブとなった。12時~15時の間での30分の出演、そのまま東京へ向かいます。さあ、どこまで新しいスタイルを実現できるか。


また、迫ってきたFUNKITO@シアター21(9月28日)http://homepage3.nifty.com/jo-house-jr/newfile32.html

と同じ会場で11月5日(水)21世紀美術館シアター21で「水谷浩章 phonolite」のコンサートの制作をお手伝いすることになリました。http://www.callithump.info/

というより金沢でのスタッフは私一人しかいない(笑)それでボランティアスタッフ募集中です。当日の受付、物販、その他お手伝いが主な仕事です。受付は私も含めて交代制でライブを楽しめるようにしますので、参加可能な方はぜひ連絡してください。また、このフライヤーを転送していただけたら大変ありがたいです。どんどん広めてください。スタッフと広めてくださる方には情宣用のCD差し上げます。一流のJAZZです。フライヤーを置いてくれるショップなどもありましたらぜひご紹介ください。

平日(水)の19:00開演ということで、普通に働いている方は参加が難しいのではということで、学生料金を半額にしたり工夫はしているのですが、苦戦は免れず、皆様のご協力を仰ぐしだいです。よろしく!
【2008/09/06 09:22】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。