スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ライブが終わった
今回は自分でも相当に入れ込んだステージだったが、終わってみれば何か寂しい。やってみて解ったことはギター一本で歌うだけではまだステージ上でエネルギーを放出するまでにはチャージ出来ていないことだ。それは実際にステージの上でしか感じられないことかもしれない。自分のイメージとのギャップを感じた。

しかし二部構成のステージは一応の形で終了することができた。相方のギターリスト周ちゃんに感謝。そしてアンゲルス・カフェ、来てくれたお客様に感謝です。お店の方とはこれから「毎月第四土曜日・夜8時からのライブ」のレギュラーとして続けていくことになり、今後のお店との良い関係の土台を作ることが出来た。とにかく発展・進化し続けて行きます。皆様今後ともよろしくお願いします。次回は12月23日(土)20:00より。
スポンサーサイト
【2006/11/28 10:52】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
いよいよ本日


準備万端。来れる人は来てね!!
【2006/11/25 10:21】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
今日はなんだか変だぞ!
今日は朝から雨が降っている。別に雨が嫌いなわけではないが、今日は外に出ると独特の感情が沸いてきた。車を走らせてしばらくすると左側の歩道に雨具を着た人がいた。そして私にお辞儀をする。「あれ?誰だったっけ?」雨具を着ていたので顔までは見えない。通り過ぎてしまったので、「しようがないな」と思い少し走らせるとまた雨具を着た人が。

今度は2人だ。そして私に(正確に言うと車に)お辞儀をする。「何だ?」と不安な気持ちになってくる。少し走らせるとまた雨具を着た人が見えてきた。ひょっとしてこの人も?まさか??と思いつつ近づくとやはりお辞儀をした......



謎が解けたのはしばらく走るとある宗教団体の大きな施設があり、そこで今日は日曜日なので何か大きな集まりがあるらしく、沿道に係員が待機している道を走ったことにあった。こんな一日の始まりもあるのか。
【2006/11/22 17:55】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
今日はまだ9時半だ!!
何と長い一日。こんな日は最高!今からまだまだやれることがある。それにしても何も出来ないで酒飲んで寝る日もあれば、こんなにいろんなことが出来る日もあるんだなあ。
【2006/11/18 23:37】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
何をするために人は生きる?

いよいよ来週か、といってもソロライブの話。今回は相当入れ込んでいるので楽しみだが、いよいよこれで自分のスタイルが決まると思うと感慨がある。今まで何してたの?という気持ちもあるが、今は何か大きな力が働いていると思う。

マイミクの友人が最近大きな決断をした。昔からの友人の父親が死んだ。人生は本当に安定していることがない。昔よく親が言ったものだ。「安定した人生を目指せ」

しかし、これは逆に「変化のある人生に対応出来るようにたくましく成れ」と教えた方が正しいのではないか。最近の教育問題を見ていると。親も子供もこの虚構である安定生活を目指すことに根本の誤りがあるのではないかと思ったりする。

稼ぐ能力は必要だが栄枯盛衰、今はサラリーマンも安定していると言えるのだろうか。大事なことを諦めて金は残ったが死ぬときに「俺の人生とは!」というパターンが多いのではないか?80を過ぎた母親が「この年になるとあの時こうしていればというような後悔ばかりだ」と漏らしていた。この愚息にも原因があるが、そんな人生が多いような気がする。

人間の能力には論理的には限界が無いが、戦う局面では撤退も大きな戦略である。人生という勝負事は死ぬか、「負けた」と言わないかぎりはまだ戦闘中なのだ。
【2006/11/16 18:34】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
Acid_Music_Studio6.0
明日は再びVanVan泉ヶ丘店でのAcid_Music_Studio6.0のデモの日だ。先週は人数こそ少なかったが申込者もあって手応えはあった。特定のジャンルにこだわるような人でない限り、音楽センスのある人が見れば、そのソフトの意義を瞬時に捉えることができるだろう。それは音の地理的・歴史的な編集が個人レベルで出来るようになったことだ。

ガムランのリズムと和太鼓を組み合わせ、クラシック歌手に歌わせることができる。どんなことでも試して見ることが(聞くことが)できるのだ。音楽的な脳のストレッチである。音楽における意識と感性の体操ができるのだ。

私は2000年頃まではMIDIという、音符を入力しその音符に音色(楽器)を割り当てていくという規格のソフトでこつこつと制作に励んできた。それはそれで当時は革命的なことだった。だってバイオリンをひけない私がバイオリンを使うことが出来るのだから。しかし、当然だが実際に達人に弾いてもらったそれと、自分の打ち込んだデータでの演奏には天と地の違いがあった。

次にサンプラーが登場してきた時も意識の変革が起こった。これで地上に存在する全ての音を自分のディスプレイ上で編集することが出来るようになったからだ。しかし問題があった。上記の様にガムランと和太鼓を並べてみると、当然テンポが違う。当時はこんな風にして合わせていた。

一つのまとまりのあるリズムの繰り返し(ループ)が例えばガムランが4秒とすると、和太鼓のファイル(例えば3秒)とを合わせる場合には3秒のファイルを4秒にするか、その逆、もしくはあいだをとって両方3.5秒にストレッチするという作業が必要だった。しかし計算通りにはなかなか合わない。実際には3.587msecを4.021msecにストレッチしなくてはいけないようなことがほとんどで、計算機を多用して音楽を作っていた。

アシッドはそれらの作業を自動的にユーザーには全く見えないところでやってくれる。しかも瞬時に。これを初めて見たときは本当に驚いた。紹介してくれたのがジョン・ワトキンス氏で彼は音楽好きのシリコングラフィックス社のエンジニアだった、BBキングやドクタージョンのアシスタントエンジニアを勤めていたこともあり、縁あって金沢に数年滞在している間、いろんなことを教えてくれた。ちなみに彼の住んでいた家の表札は基盤だった(笑)

その彼から「明日アシッドがアメリカから届くので遊びにこないか」という電話があり、私は「Oh!」ってな感じで出かけて行ったのだが(笑)、それはその後5年間はまってしまうソフトとの初めての出会いだった。

このソフトを使うと、全く音楽に興味が無かった人でも多少芸術的なセンスがあればその日のうちに音楽が作れてしまう。しかも地方のCMくらいのものは(失礼)すぐに出来てしまう。純粋な音楽ファンにとってはそれが不快に思えるくらいである。調理済み食材を使っていろんな料理が瞬時に出来上がるファミレスと似ている。

こだわる人は大根一本まで自分で作ろうとするが、私が言いたいのは新しいアイデアをスケッチする時のなんとも素早い見事な機能である。限界は自分の脳だ。私は音楽ソフトはマニアな人以外はこれしかないと思う。私自身はアシッドから抜けて実際の演奏の方向にシフトしているので、この秘密を教える気になった。大学でもこれを使っているが、最初の講義の時間はヘッドフォンを使っているせいもあるが、大教室がシーンと静まりかえってしまうくらい皆集中する。面白いのだ。

パフォーマーやキューベースなどのソフトを使っている人も ぜひ一度体験するといいと思う。このソフトを大勢が使い始めた時に自分はどんなことが出来るのか。果たしてアシッドの初心者ユーザーに対抗できるものを自分が作れるのか、という大きな問題を突きつけられることだろう。私の出した答えは「自分の演奏レベルを上げるしかない」というものだった。技術的にも感性的にもである。さて、あなたは。
【2006/11/11 14:13】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
のだめカンタービレ
...続きを読む
【2006/11/10 02:50】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
ライブポスター
angelus.jpg


アンゲルス・カフェでのライブポスター作りました。転送歓迎です。
【2006/11/02 14:17】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。