スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
お幸せに!
同世代の友人から2度目の結婚の知らせが来た。お幸せに!

昨日は網膜剥離経験者の私の定期検診で網膜裂穴が見つかりレーザー治療。素敵な女医さんだったのでウキウキしていたのは最初だけ。手術中に「残りは次回にしましょうか?」と言ってくれるほど照射する個所が多くて30分近く頑張った。強烈な痛みではないが、普通では経験しない鈍い痛みを伴う黄色のフラッシュ攻撃に耐えた。家へ帰っても鈍い痛みが残り一日寝ていた。

でも今日からは視界がすっきり。そう言えば最近は視界がぐにゃぐにゃして集中力に欠けていた。そのせいか今日は午前中に新曲の音入れが済んでしまった。今日はこれを仕上げるぞ!父の入院のおかげで?私も全身の検査をすることが出来た。
スポンサーサイト
【2006/06/30 11:16】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
生年月日占い
マイミクの「むれ吉△Cute0709さん」から

生年月日占いHPを教えてもらった。

http://www.geocities.jp/standing_art/hoheto/kazu.html

意外とあたってるぞこれは!

先日のライブ後、めろめろ前で合い方との写真をアップ。写真アップは久しぶりだな。kamiyasanmae

【2006/06/30 11:10】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
満月に向かってラストスパート
昨日はライブハウスを借り切っての友人の結婚披露コンサートで司会を勤める。オープニングはさすがに緊張したものの、出演バンドのレベルが異様に高く、本当にコンサートのようになっていった。最後は私もギターで参戦、大いに盛り上がった。

本当はソロの時間も用意されていたのだが、キーを変えたりして迷いが出てきているので歌は遠慮した。コクシネルのステージで2曲試してみて元のキーの方が良いのもあると気付いたり、まとめ方のアプローチを変えたくなったりと、怠けているのか熟成を待っているのか最近は微妙なところだ(笑)

幸い向かいのビルの工事も今日で終わったので、これから満月に向かってラストスパートかけてみます。あ、そうだ今日10穴のハーモニカとアタッチメントを購入。しばらく首からぶら下げていよう。
【2006/06/27 00:00】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
波乱万丈な一日
昨日はおかしな日だった。めろめろぽっちでのライブなのに体が固いのでほぐしておこうと午前中にプールに向うが、広坂通りと21世紀美術館の通りの交差点で目の前でガツンと事故に遭遇。ぶつかった一台の車の前の部分が数メートル飛んでしまった。思わず証人として残るべきかと思ったが、何やら面倒くさいことになるかもとそのまま進む。

プールからの帰りに今度は橋場の近くでパトカー数台が止まって黒山の人だかり。多分事故かなんかだが確認せず走る。今日は何やらおかしい。そして私にとっては魔の菊川交差点(旧金沢クラブ、VANVAN V4の交差点)。今日も歩行者信号赤で走ってくる女あり。これで何度目だろう。ここは信号で→が出ても絶対に信用しないで徐行することに決めている。

そしてライブの数時間前、めろめろへ出番の時間の確認の電話をすると、なんと出演者が私達だけになったという。そんな準備はしていないぞ!しかし気を入れ直して構成を考えながらめろめろに入るも相方がが忘れ物に気付き再び家まで取りに帰るという有様。

ちなみに家へ帰ってミクシーを開くと友人から「今日は新月」のメッセージ有り。http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/reki/moonph.htm。新月期は人々の心が内に向かうという。

さて、ライブの方は直前までいくつかのユニットが出ると思い込んでいたのでミクシーと自分のブログでしか告知していなかったのでお客は寂しい人数。でもマイミクのtemuzou@★7/16Mさんとヂョーさん、電話してきてくれた「りんじゅう」それに偶然だがオーストラリアからきたアンナさん等、濃いい人たちが応援してくれて気分良くやらせてもらった。

ステージはⅡ部構成で100分程度。二部の頭ではソロの曲も披露させてもらったが、こちらはあまり(笑)でもコクシネルとしてのユニットは自分でも楽しかった。終わった後もtemuzou@★7/16Mさんとヂョーさん達と楽しい話ができた。来月は7月7日(金)にもう一度めろめろでやります。

極めつけはその後、二人でラーメンを食いにいったのだが、カウンターの隣にあきらかにヤクザと女が座って来て大喧嘩をはじめ女が怒って出ていった。とにかくとにかく波乱万丈な一日でした。やはり新月と関係があるかも。
【2006/06/25 13:34】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
音は体に来る
22日は午前中から歌いこみを始めたのだが、向かいのビルのメンテ工事での発電機のドローン(継続音)にやられてしまった。おかげで午後はぐったりしてテレビを見続け、ずっと食いっぱなしである。23日はブラジル戦を見るつもりだったので、10時も過ぎたあたりからあせって再び歌いこみ。今度は大丈夫だ。

サウンドスケープ系の本で高圧電線の通っている村で自殺率が3倍になった話があった。高圧電線のドローンは耳に聞えないほど低い音なのだ。理由が解らず落ち込んでいくって怖いなあ。しかしゴミや有害物質(音)だけが環境問題ではない。誰と結婚するのか、どんな会社やコミュニティーに属するのか、どんな所に住んでいるのかの方がもっと大きな環境問題かもしれない。

国際的に見た日本の環境問題。マイミクのオットーさんが朝鮮人に対して興味深い考察を提示してくれた。以下引用

日本の悲しみに美しさを感じる「もののあわれ」に対して 韓国の恨みに美しさを感じる「恨(ハン)」という精神があるという話

この前、NHKでやっている韓国の歴史ドラマ「チャングム」の主演女優のインタビューを見たんだけど、 チャングムの後に「親切ななんとかさん」とかいう映画で、 復讐をするお母さんの役をやっていて、 「なぜチャングムの後に、この役を選ばれたのですか」
という質問に対し 「チャングムも、復讐がテーマですが、スケジュールの過密さなどの都合で演技を深めきれず、復讐しきれなかったという気持ちが残りましたので」 というような事を言っていた。

やはり、なんだか「復讐(恨みをはらす)」というものに対する感覚が違う気がした。 で、考えてみたんだけど、 日本でも「仇討ち」というのがあって、子が親の仇を遂げるというのに対する美意識があります。(以下略)

ここからは私の考えだが、赤穂浪士を考えてもうなづける。さすれば中国、韓国は日本に対してあだ討ちを果たしていないという感情を持ち続けているということか。これは根が深い。日本的に「水に流す」わけにはいかないということだ。戦争を知らない私達の世代にとってこれは最悪の環境問題だ。
【2006/06/23 02:31】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
一曲を目一杯に
今日はめでたく父が退院。そしてセミアコ・ギターも本日無事退院(笑)二重の喜びに包まれる私。父は左半身に多少の麻痺が残るものの主治医は上出来だと言ってくれた。言葉がもつれたら迷わず病院へ!

制作はドラスティックな展開あり。全曲のキーの見直しを行う。ほとんどの曲が作曲を始めた頃のキーよりも上昇した。歌い続けたことにより自分のキーが2つほど(半音)上がったことが原因だ。

youtubeで好きなアーティストを見たりして思ったことは、彼ら(彼女ら)は一曲を目一杯に歌いきっていること、一曲を歌い終わると皆ほとんど倒れそうではないか!!

そんな彼らを見ていると私なんぞが余裕のあるキーで歌っていることが馬鹿みたいに思えてきたのだ。100%出し切れない曲はだめだ。
【2006/06/20 17:27】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
前のマンションのメンテナンス工事
前のマンションのメンテナンス工事が今朝から始まった。こちらの締め切りを6月24日に設定していたのに、今日からノイズとの戦い(録音の時間帯が大幅に制限される)も...これは想定外。せっかく作業が順調に進んでいるのに。

でもサッカーは首の皮一枚繋がったね。ブラジルがちゃんと2点差を付けてくれたあたりは絶妙。ブラジルはもうトーナメント進出が決まったのだからモチベーション的には日本有利ですよ。がんばれ日本。
【2006/06/19 09:07】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
汗をかいているところです
もうすぐ10時、ワールドカップが始まりますがバテるまで歌いれします。何か最近までストーブ点けていたのに不思議ですね。汗をかいているところです。

そうそう、昨日は良いことがありました。前から気になっていた右半身の痺れ、父親の脳梗塞を間近に見てちょっとびびっていたのですが、考えてみればもう半年も前からの症状だからそっち系ではないとたかをくくっておりました。

そして父親のリハビリの時にお世話になった整形外科の先生に相談したところ、首を痛めたことはありませんか?という。ありますともお金がなくて首が廻らなくなったことが(笑)、そう言えば昨年末3日間ほどもの凄く首が痛くなったことがあったことを思い出した。

それじゃレントゲン撮りましょうと言って撮ってみたところ首の5番目の関節のところが神経を圧迫するように飛び出ていることが判明。先生からは「これは直りますよ」と嬉しい診断。いま炎症を取る薬を内服中。とても安心した。これを神経内科で診てもらうと、きっとMRIやらなにやらと凄い検査をすることになっただろうなあ。病院のプロか俺は(笑)

原因はただ一つ。ディスプレーを見る首の角度の問題と時間が長過ぎたことだ。あの頃はマックの不調で思うように作業が進まず、ただただ時間が過ぎていた。今は少し見下ろすくらいの角度に調整している。
【2006/06/17 22:11】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
コクシネル・ライブ
なんとなくいい感じである。私と野方攝とのユニット「コクシネル」のライブの話だ。7月19日(水)の吉祥寺のMANDA-LA 2ライブhttp://www.mandala.gr.jp/のリハーサルを始めている。

金沢でもその予行演習というか、ステージ感を取り戻すために近江町旧ダイエー口「めろめろぽっち」でライブを2回行うことになった。お時間のある方はぜひ。両日ともいろんなバンドが出る日なので、私達が出るのはおそらく8時以降だと思います。詳細は前日くらいにならないと解らないそうなので、お店にTEL:076-234-5556質問してください。入場料は多分ドリンク付で1000円~1500円くらいだと思います。

6月24日(土)

近江町旧ダイエー口「めろめろぽっち」8時以降
TEL/FAX:076-234-5556

7月7日(金)
近江町旧ダイエー口「めろめろぽっち」8時以降
TEL/FAX:076-234-5556

編成は私がEギター、歌。野方攝は歌、Eギターです。リハーサルを始めて最初は久しぶりだったことと、私がソロ制作のためにかなり突っ込んだところまで来ていたために2人の温度差が激しくてうまく噛み合わなかったが、最近ようやく世界が出来てきた。また、その影響が自分のソロにも反映するようで面白い。

今日はwataruさんから借り受けているセミアコギターの1弦がびびるようになったのでフレットの「すりあわせ」に出してきた。フレットが弦のところで窪み過ぎたのが原因だそうです。その間は古いストラトや借り物のテルキャスで作業を続けます。そしてソロは今月24日にバージョン2出します。タイミング良く友人が世界的なコンペの出品案内を持ってきてくれたので出品するつもり。さあ頑張るぞ~!!
【2006/06/11 19:25】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
線路は続くよどこまでも
最近病院へ通っているので今日も右足の無い人、下半身麻痺の人、言語能力を失った人等と普通に出会う。そんな時ふと考えるのはいきなり末期ガンを宣告されたとき自分は何を思うだろうということだ。現実には人は誰もが寿命のカウントダウンをされているのに普段はあまりそんなことは考えない。

やるべきことはやろうと、最近下の娘があまりにも成績が悪いので集中的に勉強を診ることにした。私も学校時代は丁寧な勉強をしなかったクチだが、今になると「こうすれば良い」と解ったことはある。「それは詰め込みだ!」

娘の場合は中学で赤点状態なのだから、まず勉強する癖を付けようと思って、国語・社会・理科は毎日原稿用紙5枚づつ教科書の「丸書き写し」を課した。英語は教科書のCD版を使って毎日1セクションの丸暗記(発音もネイティブを真似させる)。数学は例の百ます計算から始めた。これらを全部「やらなければ殴る(笑)」という環境でやらせている(今日が3日目)。

本人が「頭良くなりたい」という同意の下であるから2人で根気比べだ。目標は夏休みの終わりに5教科全て平均点以上。子供は親のモルモットである。

やるべきことの優先順位第一位はもちろん、自分の作品を仕上げること。これがだいぶ滞っている。全体像が仕上がってから、ふと考え込んだところがあって、細部としては「一曲ごとに自分でもスリリングに思える山がある」こと。そして全体としては、「これまでの自分を総合したもの」であることだ。この年齢で寄せ集めはないだろう。この世に存在価値のあるものに仕上げたい。

末期ガンを宣告されたとき私はどんな作品を作り始めるだろう。心から耳を傾け、深いところから何かが聞えてくるような作品でなくては作りつづける力は出てこないと思う。


【2006/06/09 18:20】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
人生何事が起きるか知れたものではない
いやはや 人生何事が起きるか知れたものではない。

液体窒素で頭を冷やした後、実家へ顔を出すと父の様子がおかしい。言葉がもつれている。しかも歩くとふらふらするという。テレビの知識を思い出すとこれはちょいやばいと思ったので、いやがる父を説得して再び国立病院へ(5時までに入れば緊急でなく通常で見てもらえる)連れて行くと案の定、脳梗塞であった。3週間ほど入院して検査治療となりましたが、あの時強引に連れていかなければ相当やばいことになっていたと思う。方々、言葉がもつれたら要注意です。

今日はご町内のパソコン教室再開の日。予定はホームページビルダーとポスター作りのためのフォトショップ講座。皆様お待ちしております。
【2006/06/07 11:46】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
液体窒素で頭がクール
一昨日娘と2人で海を見に行った。最近金沢の道路事情が改善されて白尾海岸(内灘の少し能登より)まで外環状で10分~15分で行けることもあり、学校へ迎えに行ったついでに「夕焼けを見に行こうか?」と誘ったら「行きたい!」と言ってくれたのでそのまま直行。生憎の曇り空で夕焼けは諦めて帰ったが、やはり海は海だぜ(笑)若い頃は一人で真夜中に良く行ったが、拉致問題がやかましくなって来て以来びびって行かなくなっていた(笑)やはり海は定期的に行くべきだと思った。何かのスイッチが入るような気がする。

それが原因なのか今日は頭に出来たイボ状のものを取りに病院へ行った。3年前くらいに気付いて驚いて病院へ行ったのだが女の先生に「老化です。問題ありません」と軽くいなされて帰ったいわくつきのもの(笑)で、その時も「取りますか?」と聞かれたのだが、少しショックでその時はすごすご帰ってきた。

でも最近なにやら気になりだして思い切って今日行ってきた。前回とは違うがやはり女の先生で、液体窒素を脱脂綿に浸してイボにつける。凍傷のような状態にして数日たつとコロリと取れるという。液体窒素で頭がクールになるかと思ったら結構痛い。痛いというよりは凍みるという感じかな。一応手術ということで国立病院で8500円かかった(高!)。でもこれで気分的にすっきりした。

この日記の前の日記でギタリストのかーくりんさとギター談義をしている(ミクシーで)彼がまだ学生の頃に私のやっていたライブハウス(ブラックブルー)によく出演していてセンスの良いギターだと感心していた記憶がある。今は某大企業に勤務しながら音楽活動を続けている。ゲダツさんと言い、wataruさんといい、ブラックブルーをやっていた頃の学生だった方々で音楽を続けている人が多い。かく言う私も。
【2006/06/06 14:50】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
久々の早朝ウオーキング
「Eyes Wide Shut」スタンリー・キューブリック。「或る女」有島武郎。。妄想の世界に嵌りすぎたので今日からは清く正しく生きることにした。世界をしっかりと見よう。目をかっと見開いて早朝の石引を歩く。しかし、いつのまにか心は内面に降りてゆく。角を曲がると熟年の夫婦らしきウオーキン中のお二人に出会う。軽く会釈されてどぎまぎしてしまう。金沢は洗練された街である。それがサングラスをかけた妄想男への警戒心から出た最善の防御策であったとしても。

ジョージ・マーティン「耳こそはすべて」ビートルズの音楽監督と言っても良い英国EMIのエンジニア・プロデューサーの自伝である。どこを読んでもウイットに溢れた彼の半生は決して上流階級の出身者ではない彼の地道な努力に裏打ちされたもので、ビートルズとの出会いも、そんな彼にこそ用意されたものだと得心がいく。

昨日の午前中久しぶりに実家へ顔を出す。80歳を超えた老夫婦だ。ちょうど朝食でテーブルには簡素だが考え抜かれた食品がのっていた。キウイ、バナナ、リンゴ、トマト、ヨーグルト、トースト、コーヒー。私もご相伴にあずかる。話は大概が東京で暮らし始めた長男のこと。彼等の孫の話。母は「そんな苦労する価値はあるか?」と言う。私は最近読んだ有島の「生まれいずる悩み」の話をする。普通に生きるだけでは収まりきれない情熱を持った人種の話だ。驚いたことに母は有島を読んでいた。「心中した人でしょ」。

そのことを家へ帰ってから長女にする。おばあちゃんはきっと若い頃(1950年頃)人生を深く考え込んだ時期があるに違いないよ。だって有島を読んでいたのだからというと。そんな想像を巡らす私が面白いという。

最近ギターが上手くなって弾くのが楽しい。人はどう感ずるかしらないが突然、そう5月30日から何かが変わった。ここ数日は制作に取り掛かる気持ちになれなくてひたすら本を読み、ギターを弾いている。しかしさきほど一念発起、古いマックのセットを始めた。友人が協力してくれて2000年以前の制作環境も復元出来ることになった。
【2006/06/03 06:09】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。