フライヤーができました。いまこの動画も制作中。
2017年3月11日(土)
コクシネル
ゲスト早川岳晴(Bass) 
第一部 山際英樹ソロ(割礼/血と雫)
赤坂グラフィティ
東京都港区赤坂3-21-10
赤坂青明会館B1
Tel 03-3586-1970 
開場18:30 開演19:00
前売り3,000円 当日3,500円
------------------------------------------------------------------------------
2017年2月25日(土)
工藤冬里陶器展2017音凪クロージングライブイベント
出演:
工藤冬里
向井千恵
コクシネル (スペシャルゲスト有)
チャージ¥3000+1ドリンク(別途要)
開場 18:30 開演 19:00
ご予約は下記メールもしくはFBメッセージにて
otonagi20110601@excite.co.jpまで
①ライブ名 ②お名前 ③人数 ④連絡先
をお知らせ下さい。確認次第返信メールまたはメッセージ送ります。
または電話予約:06-6353-8515まで
【注意】facebookの参加では予約になりませんので、必ずメールまたはFBのメッセージにてご予約お願いいたします:
https://www.facebook.com/events/1288282467884053/
---------------------------------------------------------------------------------
2017,3/25 @NoSiDE福井市
StrangeWaysHereWeCome
出演
コクシネル(金沢)
じゃじゃ岩城 ex.lip cream(東京)
よしだゆうすけ
松波哲也
皇帝魚
OPEN19:00 START19:30
ADV¥2000 DOOR¥2500Flyer赤坂グラフィティー20170311_52_06
スポンサーサイト
【2017/01/17 19:25】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
今日のUndergroundLive@メロメロポッチ、
楽しかったなあ!,UndergroundLiveは今年の10月で200回を迎える。毎月第二火曜日を200回だからもう16年、佐藤卓路氏の撒いた種から世代交流のようなことが始まっている。今後楽しみな展開だ。Underground poster
【2017/01/11 01:47】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
大阪の詳細です
2017年2月25日(土)
工藤冬里陶器展2017音凪クロージングライブイベント
出演:
工藤冬里
向井千恵
コクシネル (スペシャルゲスト有)
チャージ¥3000+1ドリンク(別途要)
開場 18:00 開演 19:00
ご予約は下記メールもしくはFBメッセージにて
otonagi20110601@excite.co.jpまで
①ライブ名 ②お名前 ③人数 ④連絡先
をお知らせ下さい。確認次第返信メールまたはメッセージ送ります。
または電話予約:06-6353-8515まで
【注意】facebookの参加では予約になりませんので、必ずメールまたはFBのメッセージにてご予約お願いいたします:
ご予約はこちらから
【2017/01/05 10:16】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
日本はゴミの分別をもうやめよう
武田教授が指摘する日本人の悪癖

日本はゴミの分別をもうやめよう
【2017/01/05 09:52】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
最近ブラジル音楽を聴くことが増えた
エルメート・パスコワールはほとんどの楽器が弾ける。エグベルト・ジスモンチもほとんどの楽器が弾ける。


【2017/01/01 23:56】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
久しぶりの投稿
こちらは心地よく引き籠っています。

2月は大阪、3月は東京でライブが決まってます。

皆様良いお年を!

2月25日(土)音凪@大阪

3月11日(土)赤坂グラフィティー@東京 ゲスト早川岳晴(Bass) 
       
           第一部 山際英樹ソロ(割礼/血と雫)
【2016/12/30 23:44】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(2)
天才たちのスペイン
天才たちのスペイン
谷口江里也氏「天才たちのスペイン」読了。スペインの12人の天才芸術家をめぐる様々な人生、美は人間を人間たらしめる関所に似て、向こう側に行かないと人間には成れない。そして天才達こそが人間本来なのではないかと問いかける。本書に取り上げられた12人の中からベラスケスの章を取り上げてみよう。
ベラスケスの「ラス・メニーナス」は、描かれている人達の「あちら」と、彼らが見ている「こちら」の両方がバランスを取って完成する。この方法は物理学でいえばニュートンの万有引力の法則の発見に匹敵する。二次元のキャンバスに描くだけだった絵画の世界を拡張し、人間の知覚へ直接書き込む方法をベラスケスは発見したのだ。ピカソはプラド美術館でこの絵を見て58点もの連作を描くことになる。
現実の向こうにもう一つの真実がある、あなたの心の中で完成する絵、平面の空間化、視覚的遊戯、同時代ではセルバンテスが「ドン・キ・ホーテ」、シェイクスピアは「リア王」で新しい実験をしている。この時代には新しい創造が起こる何かがあったのだろうか。作者はそのあたりに分け入っていく。平面情報の「絵画」の中に全く違った次元をインプット可能であることを発見するには、科学者にも似た洞察力と知性が必要だ。天才たちはそれを軽やかに身に纏う。
最終章には著者と共働した現代建築家であるリカルド・ボフィルを取り上げる。著者は建築家でもある。「空間構成言語」「多様なジャンルの多様な才能を持つメンバーによるRBTAの創設」、「街というものが何かをきっかけに大きく変わり得ること」を敷衍して終わる。第一章「アルタミラの洞窟画を描いた無名の画家」から始まる、美に魅入られた創造的な人間を鼓舞する書、人が人として生き抜くための天才たちの方法を知る書となっている。
1.アルタミラの洞窟画を描いた無名の画家
2.ラ・アランブラを構想し、造り、守った人々
3.エル・グレコ
4.ミゲール・デ・セルバンテス
5.ディエゴ・ベラスケス
6.フランシスコ・デ・ゴヤ
7.アントニ・ガウディ
8.パブロ・ピカソ
9.ジョアン・ミロ
10.フェデリコ・ガルシア・ロルカ
11.サルバドール・ダリ
12.リカルド・ボフィル
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E6%89%8D%E3…/…/4896424956ラス・メニーナス
【2016/09/18 16:00】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
歌人の系譜(うたびとのけいふ)
【2016/06/23 22:14】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(0)
歌人の系譜(うたびとのけいふ)
歌人の系譜(うたびとのけいふ)
9月3日(土)Graffiti@東京  
開場18:30開演19:00
前売3000円/当日3500円+drink
出演:コクシネル、テニスコーツ、池間由布子
チケットぴあ Pコード302-374(6/26より)
Graffiti HP
http://www.akasakagraffiti.com/
「グラフィティ」とは 「落書き」・「いたずら書き」が原義であるが、ある特定の場所、特定の時代を切り取って、自然主義的な描写によって表現したものも比喩的に"graffti"と呼ぶ。(参照 d.hatena.ne.jp)
【2016/06/23 11:11】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(2)
今年読む本リスト100冊
フィリップ・K・ディックのすべて フィリップ・K・ディック
エレガントな宇宙 ブライアン・グリーン
未来を語る ホーキング
ヒッチコックを読む
西洋音楽史 岡田暁生
日本の耳 小倉郎
日本の音 小泉文夫
インプロビゼーション ディレク・ベイリー
日本人の鳴き声 中野純
響きの生態学 藤枝守
世界の調律 マリー・シェーファー
音の原風景 佐野清彦
音の文化誌 佐野清彦
世界は音 ナーダ・ブラフマー
ドイツ帝国が世界を破滅させる エマニュエル・トッド
メタファーの記号論 菅野直樹
日本人のための経済原論 小室直樹
僕の哲学 アンディー・ウオーホル
呪術誕生 岡本太郎
今日の芸術 岡本太郎
ピカソ マイ フレンド 小学館
ソシュールと言語学 町田健
アンリ・ミショー全集 アンリ・ミショー
はにかみの国 石牟礼道子
草の葉 ウオルト・ホイットマン
北原白秋詩集 北原白秋
コクトー詩集 ジャン・コクトー
私の百人一首 白州正子
ランボー詩集 中原中也
吉田一穂全集Ⅰ 吉田一穂
地獄の季節 ランボー
フリーメイソン 荒俣宏
大衆の反逆 オルテガ・イ・ガセット
ほんとうは怖い「やさしい社会」  森真一
宗教原論 小室直樹
空の思想史 立川武蔵
仏教が好き 中沢新一 河合隼雄
一休 水上勉
メディアはマッサージである マーシャル・マクルーハン
洗脳原論 苫米地英人
集合論入門 赤攝也
フラットランド エドウイン・アボット・アボット
数学を使わない数学講義 小室直樹
日本の統治構造 飯尾潤
これから正義の話をしよう マイケル・サンデル
新しい生物学の教科書 池田清彦
性差の科学 坂東晶子 功刀田由紀子
論理哲学論 ウイトゲンシュタイン
アウトサイダー コリン・ウイルソン
独立国家のつくり方 坂口恭平
快楽の哲学 渋沢龍彦
生命知としての場の論理 清水博
日本的霊性 鈴木大拙
甘えの構造 土井健郎
西田幾多郎 永井均
ルサンチマンの哲学 永井均
道徳は復習である 永井均
ホワイトヘッドの哲学 中村昇
アンチ・クライスト ニーチェ
武士道 新渡戸稲造
哲学入門 バートランド・ラッセル
はじめての構造主義 橋爪大三郎
世界をこんなふうに見てごらん 日高敏隆
太陽と鉄 三島由紀夫
レヴィ=ストロース 渡辺公三
新天皇論 小林よしのり
日本という方法 松岡正剛
日本人とは何者か 松岡正剛
アフォーダンス新しい認知の理論 佐々木正人
認知科学への招待 苫米地英人
夢の科学 アラン・ホブソン
唯脳論 養老猛
共感覚者の驚くべき日常 リチャード・E・シトーウイック
神々の沈黙 ジュリアン・ジェインズ
脳とクオリア 茂木健一郎
バウハウス 歴史と理念  利光 功
自己愛型社会 岡田尊司
物理学はいかに創られたか アインシュタイン
複雑系 今野紀雄
エントロピーと秩序 ピーター・Wアトキンス
音の仕組み 中村健太郎
世界でもっとも美しい10の物理方程式
部分と全体 W・ハイゼンベルク
わが世界観 エルヴィン・シュレディンガー
死者の書 折口信夫
中世の文学 唐木順三
詩とデカダンス 唐木順三
別世界通信 荒俣宏
百代の過客 日記にみる日本人 ドナルド・キーン
定家名月記私抄 堀田善衛
方丈記私記 堀田善衛
茶の本 岡倉天心
いきの構造 九鬼周蔵
千夜千冊虎の巻 松岡正剛
日本の昔話 柳田国男
呪いの思想 白川静 梅原猛
日本の歴史をよみなおす 網野善彦
日本人とは何か 山本七平
論理の方法 小村直樹
【2016/01/02 13:52】 | 音楽とコンピューター | トラックバック(0) | コメント(1)
創造研究家


社会との関係性をアートしています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

プロフィール

池田洋一郎

Author:池田洋一郎
アート系で社会との関係性を創造しています。ミュージシャンでありますが自分のイメージは少しずれています。自分の脳を創造し、その脳が何を作り出すのかが見たいという間接的な創造を考えています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2アフィリエイト

FC2 Affiliate

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する